2月14日はバレンタインデー!


バレンタインデー

2月14日はバレンタインデー、女性が好きな男性にチョコレートを贈る日として広がりました。

好きな人にだけでなく、義理チョコ、友チョコなどいろんなカタチがあるようです。

 

 

バレンタインデーの由来

バレンタインデー

バレンタインとは、人の名前です。

3世紀のローマの人で、キリスト教司祭であるバレンティヌスという人のことです。

英語では、バレンタインと読み、日本ではバレンタインデーとなっています。

当時の皇帝、クラウディウス2世は、結婚して家族を持つと、戦争に行きたがらないと思い、強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。

そんな若者達をかわいそうだと思い、バレンタイン司祭はクラウディウス皇帝に反し、兵士達に結婚させました。

この行為に、怒った皇帝はバレンタイン司祭を2月14日に殺しました。

バレンタイン司祭は聖バレンタイとして敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日とされているそうです。

 

なんでチョコレートをあげるの?

このチョコレートをあえるという習慣は日本独自のもののようです。

欧米では、恋人、家族、友達などお互いにカードやお菓子などを贈ります。

日本のように現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代(1950年代)に入ってからのようです。

以後、多くのことが関係して「バレンタインデーにはチョコレートを女性から男性に」という習慣が定着し、今日のような盛んな行事になったようです。

バレンタインデーとチョコレートという関係には、やはりチョコレートを売りたいお菓子メーカーの努力により広がったようです。

 

チョコレートだけでなくプレゼント

好きな人には、チョコレートだけでなく、財布、メッセージカード、お酒、手袋、マフラー、洋服、靴などチョコレート以外にものを贈る人多いです。

男性は女性のように甘いものをあまり好きでない人もいるようです。

特に、好きな人にはあげたものをいつも身につけてもらいたいという気持ちから、財布やアクセサリーのようなものが贈り物として選ばれているようです。

 

 

二つ折り財布ハンモックウォレット


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です