母の日にカーネーションを送るのはなぜ?


母の日

カーネーションを送る由来は?

きっかけは白いカーネーション

白いカーネーション

アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女の母親が亡くなったのは、1905年5月9日のこと。

その3年後の1908年5月10日、アンナ・ジャービスはフィラデルフィアの教会で、亡き母を追悼するために白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配りました。

白いカーネーションは、彼女の母が好きな花だったのです。

 

母の日の制定

この出来事をきっかけに1914年、5月の第2日曜日が母の日に制定されました。

赤いカーネーション

当初は母親が健在な人は赤いカーネーションを、母親が故人である人は白いカーネーションを自分の胸に飾っていました。

それが、やがて母親本人にカーネーションを贈る習慣へと変化していったのです。

 

毎年、母の日の前は海外から沢山のカーネーションが届くようですね!

皆さん、「母の日」の準備はできましたか?

 

 

 

 


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です