「TPP」って何?


TPPって何?

貿易

日本・米国を中心とした環太平洋地域による経済連携協定(EPA)の意味である。

環太平洋パートナーシップ協定

正式名称はTrans-Pacific Partnership(略してTPP)という。

別名、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement。

日本語で表記の場合は、環太平洋戦略的経済連携協定となる。

 

具体的にどんなこと?

TPPの原則は「関税の撤廃」と「各国の様々なルールや仕組みの統一」

国境を越えて物が自由に行き来できるようにし、サービス、食品安全や医療、雇用、投資などに関するルールや仕組みを統一しようとするものです。

 

参加国

参加している国は9カ国。

アメリカ、シンガポール、ニュージーランド、ブルネイ、チリ、オーストラリア、ペルー、マレーシア、ベトナム

 

 

日本は参加すべきなのか?

日本が参加した場合のメリッ

握手

・参加国同士なら無関税で輸出入ができる。

・ややこしいルールや仕組みも統一される。

・輸入品が買いやすくなる消費者や、輸出を伸ばせる企業にとっては恩恵がある。

 

日本が参加した場合のデメリット

悩み

・輸入拡大によって大打撃を受ける産業がありそう

・日本独自の食品安全基準などが他の国に合わせて緩くなる恐れがある。

・医療の質の低下、デフレ悪化による失業率上昇など多くの問題が懸念される。

・内需に支えられている中小企業や農家には死活問題である。

・これまで築いてきた国や社会の仕組み、基準などが一変し私たちみんなに大きな影響を及ばす。

 

最後に

TPPについては、メリットデメリット両面で大きな影響がありそうです。

これからの日本の進む方向性が変わると思います。

ビジネスにおいては、いろんな議論がありますので、社会生活上、TPPの制度はしっかりと抑えておきたいですね。

 

 

 

革命財布はこちら


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です