June Bride ジューンブライドの意味って知ってますか?


6月と言えば「ジューンブライド」

wedding-322034_640

ジューンブライドの意味ってご存じですか?

諸説あるのですが、代表的なものとしては3つくらいあります。

 

女神説、JUNO説

花嫁

6月の月名である「JUNE」、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しています。

6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。

6月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えがあります。

 

結婚解禁説

農耕

ヨーロッパでは農作業の盛んな時季が3月から5月の3ヶ月間、この期間は結婚が禁じられていました。

結婚を控えたカップルは、この期間を明けた6月に結婚する人が多く、街中祝福ムードになったようです。

そんあ6月に結婚すると花嫁さんは幸せになれると言い伝えられています。

 

気候・季節説

気候

結婚解禁説に続き、こちらもヨーロッパからの言い伝えです。

ヨーロッパでは6月が1年で一番雨の少ない月で、気候も適している。

また6月は復活祭が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードになり、多くの人からも祝福される6月の花嫁さんは幸せになるという言い伝えがあります。

 

 

 

日本のジューンブライド

o0560084010745301848

日本でも認知の高いジューンブライド、どうしてこの6月の結婚が広まったのだろうか?

日本の6月といえば梅雨のど真ん中!

そんな、雨と湿気の季節、本来は結婚式などは避けたいところです。

困ったのは結婚披露宴の会場、ホテルの支配人。

どうにか結婚式を挙げる人を増やしたい、そこで注目したのが、ヨーロッパのジューンブライドの風習です。

6月の花嫁さんは幸せになれる。

ロマンティックな事柄を伝え広めたのが日本のジューンブライドです。

 

「雨に降って地固まる」

どんな気候であっても、結婚など祝福のために多くの人が集まる祝福ムードのチカラって素晴らしいですよね!

 

 

結婚式などで便利な小さくてコンパクトな財布なら

hmwl_7635
ハンモックウォレット レディース、結婚式のお供に!

 

 


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です