結婚式の服装、3つのNGを覚えておこう


結婚式には何を着て行こうかな?

服装に迷うのが結婚式

結婚披露宴

最近の傾向としては、カジュアルな服装での参加など、マナーが緩くなり多少のことでは大目に見てもらえます。

しかし、主役の二人、ご親族にとってはとても大切な日です。

最低限のルールは守りたいですよね

 

 

服装における3つのNG

 

毛皮アイテム

毛皮は殺生を喚起するとしてタブーとされています。

毛皮

また、秋から冬にかけ寒い時期にはファーをあしらったファッションも多いですが、毛皮と同じ理由で結婚式では身に付けてはいけません。

当然、今良く見られるフェイクファーなどもイメージが同じなので避けた方が良いです。

毛皮と共に、生き物をを想像できる柄モノも同じように注意が必要です。ワニ柄、へび柄などアニマル柄は選ばない方が良いです。

 

 

ブーツ

ブーツ

お洒落ファッションの一つといえば「ブーツ」、しかしブーツのルーツは作業用の靴として誕生しています。

結婚式に参列するのに、作業着は場違いですので、ブーツでの参加はいけません。

ショートブーツやブーティーも避けた方が良いでしょう。

 

 

つま先の開いた靴

靴

日本のように部屋で靴を脱ぐ文化がない西洋では、、足の指やかかとをみせることがタブーにあたります。

結婚式では、つま先が開いた靴は妻が先に出る。

妻が先立つことを連想させる靴だと考えられています。

またつま先から幸せが逃げるとも言われています。

最近はカジュアルな服装も多いですが、真夏の結婚式に参加する場合でもサンダルやミュールなどはカジュアルなので避けた方が良いでしょう。

 

 

 

結婚式の主役はあくまでも花嫁さんと花婿さんです。

本人達よりも目立ったり、やはり深いな気持ちにさせない心遣いが大切ですね!

 


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です